専門学校では自分の好きなことが学べる【製菓やコーヒー】

お菓子

時代を作るカフェの店員

カフェや喫茶店の専門家

お菓子

現在は手堅い就職だけでなく、儲からなくても好きなことを仕事にしたい、自分らしく働きたいというニーズが強くなっています。各分野で働くための専門学校が多数存在します。 カフェで働きたい、自分の店を開きたいという要望はずっと昔からあり、 スイーツやバリスタの専門学校も各地に多く存在します。 バリスタとはコーヒーのスペシャリストのことで、一般的にも知られている言葉になっています。 コーヒー豆は産地や種別によって全く味や風味が変わるため、非常にたくさんの知識を身につける必要があります。様々なスイーツに合うコーヒーの知識も必要です。 また、焙煎技術、コーヒーを入れる技術も非常に高いものが求められ、専門学校ではメインの勉強内容となります。

コーヒーの専門家の今後

おしゃれなカフェは都会のおしゃれな街だけでなく、日本全国どこにでも見られるようになっています。 また、ここ20年くらいで、シアトル系のコーヒーショップの普及や、サードウェーブと言われる新しいコーヒーの台頭、安くておいしいコンビニコーヒーなど、様々なコーヒーにまつわる状況は変わってきています。一般的な人のコーヒーに対する知識やニーズは、20年前と比べられないほど高いものになっています。 それらと対当することになるバリスタは、店の人気を保つために時代のニーズを読み、お客さんの声に応えるために常に良い方に変わっていく必要があります。 カフェやスイーツは時代の流行を象徴する存在であるため、非常に厳しい世界でもあります。バリスタの専門学校にも、それを身につける手腕が求められます。