専門学校では自分の好きなことが学べる【製菓やコーヒー】

お菓子

女性憧れのお店経営

お菓子

女性憧れのカフェ経営を一から学ぶには、専門学校が最適です。カフェやスイーツ以外にもインテリアや接客などトータル的なスキルが身に付きます。一方で絶対に専門学校に通わなければならないわけではなく、実店舗で働くことや通信教育で個別スキルを身に着けることもできます。目的に応じて選択することが近道です。

Read More...

時代を作るカフェの店員

お菓子

カフェや喫茶店で働きたい、店を持ちたいと言うニーズは根強くあり、コーヒーの専門家であるバリスタの専門学校も数を増やしています。今は一般の人のコーヒーの知識や要望は高くなり、専門家にも流行についていく力が求められます。

Read More...

お菓子作りのプロを目指す

カフェなどに就職をしたい方はバリスタのスクールにかよってみると良いでしょう。コーヒーのことについて沢山のことが学べます。

幅広いカリキュラム

お菓子

子供の頃、クリスマスやバースディ・パーティのケーキを見て、目を輝かせた経験はありませんか。子供にとってお菓子は夢であり、ロマンです。その子供の頃の夢を形にしてくれるのが、製菓専門学校です。 しかし、単なるお菓子作りのノウハウを勉強する学校と考えると、少し当てが外れるかも知れません。実は製菓専門学校では意外に幅広い内容の勉強が行われているのです。食品学や栄養学、公衆衛生学に至るまで、実に幅広い内容を製菓専門学校では学習しています。単にお菓子を作るというのではなく、お菓子に対して真のプロになるための学校、それが製菓専門学校と言えます。それはもちろんお菓子作りの奥の深さを物語っているのでしょう。 製菓衛生士という国家資格が導入されたことにより、今後もますますこうした幅広い教養は求められていくことでしょう。

コースの選び方

製菓専門学校では幅広い内容の授業が行われていますが、コースも多岐に及んでいることが多々あります。 例えば3年制のものから1年制のもの、製菓と製パンを同時に学習するもの、あるいは製菓と調理を同時にやるもの、などなどです。一体どのコースを選んだら良いのか迷ってしまうでしょう。 こんな時には、卒業後自分がどのようなコースに進みたいのか、それをはっきりさせましょう。自分の店を開業したいのか、それとも大手の製菓会社に入りたいのか、小さくとも良いから確かな腕を持っている職人の元で働きたいのか、その辺りを自分で確認し、学校のコース選択の材料にします。 学校はそこに入れば終わり、というものではありません。むしろ、出てからが勝負です。そのためにも自分はどういう道に進みたいのかを自己確認し、製菓専門学校選びのポイントにしましょう。子供時代の夢は、その先に待っています。

専門学校について知ろう

お菓子

スクールを選ぶときには体験入学を利用すると、その学校の設備などを簡単にしる事ができます。この他には専門の本を購入して調べると、条件にあったカフェスクールを見つけることができるのです。また、ネットを利用して最新情報を知ることもできます。

Read More...